【徹底比較】「ハーブガーデン」と「haru(kurokamiスカルプ)」フケやかゆみにはどっちがおすすめ?

【徹底比較】「ハーブガーデン」と「haru(kurokamiスカルプ)」フケやかゆみにはどっちがおすすめ?

この記事は 13 で読めます。

アミノ酸シャンプーを探しているとよく広告で見かけるシャンプーの「ハーブガーデン」と「haru」

ハーブガーデンは特徴として洗い上がりがしっとりと仕上がり、頭皮のケア成分がとても豊富に含まれているシャンプーです。

これに対して、haruは頭皮のケアというよりも綺麗な髪、健康な髪を育てる育毛成分に重点を置いたシャンプーで、洗い上がりはサラッとした髪に仕上がります。

どちらも品質にこだわったシャンプーで、「どっちを買おうかな」と迷っている方は多いと思います。

そんなハーブガーデンとharuどちらがいいシャンプーなのか気になる所です。どうせこだわったシャンプーを買うなら良いものを使いたいですしね。

そこで、ハーブガーデンとharu、どちらが良いシャンプーなのか、実際に使ってみた使用感や洗い上がりなどを含めて比較してみたいと思います。

どっちを買おうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

それではどうぞ!!

この記事を書いた人
  • 名前:リエ
  • 年齢:3●歳
  • 専業主婦

【私の髪データ】

  • 太さ 細 ----★ 太
  • クセ 弱 ---★- 強
  • 硬さ 柔 ---★- 硬
  • 髪量 少 ---★- 多

【髪の悩み】
20代後半から肌の乾燥が激しく、特に頭が粉吹き芋状態で、、、

冬場は暗めの服を着るし目立ってしょうがないし、家のフローリングにパラパラフケが積もってるのも不潔でストレス、、

ハーブガーデンとharuの簡単比較表

ハーブガーデン
低刺激 ★★★★★
しっとり感 ★★★★★
頭皮ケア ★★★★☆
泡立ち ★★★☆☆
香り ハーブ系
内容量 300ml
価格 ¥8,000
¥4,000
ポイント
自然由来成分100%なので頭皮への刺激が低い
また、保湿力がとても高く、頭皮の乾燥やフケに効果が期待できる
頭皮のトラブルがある人でも安心して使えるシャンプー
haru(ハル)
haru
低刺激 ★★★★☆
しっとり感 ★★★☆☆
頭皮ケア ★★★☆☆
泡立ち ★★★★☆
香り 柑橘系
内容量 400ml
価格 ¥3,600
¥2,880
ポイント
髪を洗いながら、髪が生える土壌である頭皮のケアをするというコンセプト
髪のボリュームアップや黒髪の維持など、育毛に主眼を置いた配合
リンスの要らないオールインワンシャンプー

ハーブガーデンの特徴

【しっとり、頭皮の健康派のハーブガーデン】

ハーブガーデン

まずは、「ハーブガーデン」から説明していきますね。

ハーブガーデンはアミノ酸100%の「アミノ酸シャンプー」であると同時に、全ての成分が天然由来の成分でできた「オーガニックシャンプー」でもあります。

そのため、頭皮への刺激が少なく、フケやかゆみなど、頭皮のトラブルで悩む人でも安心して使えます。

洗い上がりのしっとり感がとてもあり、お風呂上がりでも頭皮の突っ張った感じやカサカサ感がありません。

また、抗炎症成分、抗菌成分、過剰な皮脂の分泌を抑える成分などをバランスよく含んでいるので、フケだけでなく湿疹ができている方、アトピーで悩む方にもおすすめできます。

ただ、人によっては天然成分にアレルギーを起こす方もいるらしいです。

保湿効果や炎症を抑える効果が高く、洗い上がりがしっとりで頭皮のツッパリ感も無い

矢印

フケやカサカサ、湿疹など、頭皮のトラブルに悩む人にはぴったり!!

haru(ハル)の特徴

【サラサラ、綺麗な黒髪派のharu】

続いてharuシャンプーです。

こちらもアミノ酸100%の「アミノ酸シャンプー」であり、天然由来成分100%でできたシャンプーです。(オーガニックではありません。)

ここまではハーブガーデンと似ていますね。

ただ、高い育毛効果のある「キャピキシル」や黒髪をキープするための「ヘマチン」や「オオムギ発酵エキス」などを配合していて、頭皮にいい「ハーブガーデン」に比べると「育毛」に重きを置いたシャンプーです。

このように、同じアミノ酸シャンプーですが、2つとも少し毛色の違うシャンプーです。

髪のダメージを補修したり、黒髪を維持する成分を豊富に含み、サラッとした仕上がり

矢印

髪が細くてペッタンこになっちゃう人、いつまでも綺麗な髪を維持したい人にぴったり!!

いかがでしょうか?

「ハーブガーデン」と「haru」、どちらもこだわりのあるシャンプーですが、このように両方とも得意分野が違うシャンプーです。

「しっとり、頭皮の健康派」のハーブガーデンと「サラサラ、綺麗な黒髪派」のharu、自分の今の悩みに合うシャンプーを選びましょう。

さて、ではここからは2つのシャンプーをさらに詳しく比較してみたいと思います。

洗浄成分の徹底比較

ハーブガーデンの洗浄成分
洗浄力の
優しさ
低刺激 泡立ち
haruの洗浄成分
洗浄力の
優しさ
低刺激 泡立ち

まずはシャンプーのキモになる洗浄成分(界面活性剤)から比べてみましょう。

この成分次第で使い心地や、頭皮への影響が決まってきます。

基本的にはどちらも洗浄力優しめで、低刺激の成分を使っていますが、「ハーブガーデン」は保湿効果の高い成分が配合されていてしっとり仕上がります。

haruの方はどうかというと、髪を補修してしっとりというよりは「サラサラ」に仕上がります。

ハーブガーデンの洗浄成分

ハーブガーデンのシャンプー

ハーブガーデンの洗浄成分は下記の通りです。

洗浄成分 タイプ 性質
ラウロイルメチルアラニンNa アミノ酸系
界面活性剤
弱酸性で刺激性が低く
安全性が高い
ココイルグルタミン酸Na アミノ酸系
界面活性剤
優しい洗浄力で刺激が少ない
皮膚と同じ弱酸性なので
洗った後のつっぱり感が無い
ココアンホプロピオン酸Na アミノ酸系
界面活性剤
洗浄力が優しく刺激も低い
保湿効果もあり
コカミドプロピルベタイン  アミノ酸系
界面活性剤
洗浄効果とリンス効果を併せ持つ
低刺激成分
ココイル加水分解ダイズタンパクK  アミノ酸系
界面活性剤
低刺激な上に、適度な洗浄力

アミノ酸シャンプーなので、全体的に低刺激なのなのは当たり前ですが、保湿力の高い成分を選んで配合しているようです。

頭皮のカサカサ感を抑えて髪もしっとりと仕上がります。

写真からは頭皮までわかりませんが、髪だけでもこのくらい洗い上がりがしっとりとまとまります。

【洗う前】洗う前
【洗った後】洗う前

ただ、泡立ちは少ない印象にありますね。。。ロングだとちょっともの足りないです。

泡立ち
モコモコ

haruの洗浄成分

次にharuの成分について見ていきましょう。

洗浄成分 タイプ 性質
ココイルグルタミン酸TEA アミノ酸系
界面活性剤
ヤシ油由来のアミノ酸系成分
低刺激な上に、適度な洗浄力
カミドDEA アミノ酸系
界面活性剤
他の洗浄成分の刺激を和らげる効果
泡立ちを良くする
ココイルメチルアラニンNa アミノ酸系
界面活性剤
アミノ酸系の洗浄成分の中ではしっかりとした洗浄力
洗い上がりがふんわりとする
ココイル加水分解コラーゲンK  アミノ酸系
界面活性剤
適度な洗浄力と肌や髪のコンディショニング効果
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa  アミノ酸系
界面活性剤
髪の補修効果

haruはアミノ酸シャンプーにしては、しっかりとした洗浄力と泡立ちが特徴的な配合になっています。

また、髪の補修効果のある成分を配合しているので、洗い上がりがふわっとサラサラに仕上がります。

【洗う前】仮
【洗った後】仮
haruの泡
仮

頭皮ケア成分の徹底比較

ハーブガーデンの頭皮ケア成分
保湿性 抗炎症 かゆみ抑制
haruの頭皮ケア成分
保湿性 抗炎症 かゆみ抑制

次に両シャンプーの頭皮ケア成分について比較して行きましょう。

シャンプーはだいたい「どんな人のためのシャンプー」というターゲットが決められています。

この頭皮ケア成分を比較すれば、どんな悩みの人にぴったりのシャンプーなのかが見えてきます。

ハーブガーデンの髪・頭皮ケア成分

ハーブガーデンには、炎症を抑える成分や、保湿成分などを中心に、とにかくカサカサを無くしてかゆみを抑えるということを意識した成分が19種類も配合されています。

19種類は結構多いですよ笑

成分名 効果
1.サクラ葉エキス ヒスタミン(かゆみ成分)の発生を抑えてかゆみや炎症を鎮める
2.フムスエキス(フルボ酸) 有害物質の排出、アレルギー抑制、肌の老化防止
3.ユチャ油(サザンカ油) 肌の乾燥防止して柔らかくする
4.アロエベラ葉エキス 保湿効果
5.センブリエキス 頭皮の血行促進、肌の酸化(老化)を抑える
6.ユズ果実エキス(ユズセラミド) 頭皮の保湿、肌バリア機能の正常化、ターンオーバーの正常化
7.サンショウ果実エキス 雑菌の繁殖を抑える、代謝や血行を促進する作用
8.グレープフルーツ果実エキス 肌の酸化(老化)を抑える、コラーゲンを作って肌の保湿力を高める
9.スイカズラ花エキス 炎症を抑える働き
10.プルサチラコレアナエキス 保湿作用、天然の防腐剤効果
11.アルニカ花エキス 炎症を抑える働き、血行を促進する方法
12.オドリコソウ花エキス 皮脂の過剰分泌を抑える、保湿効果
13.オランダカラシエキス 皮脂の過剰分泌を抑える、血行を促進する、保湿効果
14.ゴボウ根エキス 炎症を抑える作用
15.セイヨウキズタエキス 炎症を抑える、肌の酸化を抑える、脂肪を分解する作用
16.ニンニクエキス 殺菌作用、酸化を抑える作用、血行を良くする作用
17.セイヨウアカマツ球果エキス 保湿作用、炎症を鎮める作用、血行を良くする作用、皮膚の再生を促す作用
18.ローズマリーエキス 保湿作用、肌の酸化を抑える、炎症を抑える作用
19.ローマカミツレ花エキス 非常に優れた抗炎症作用、抗菌作用、皮膚の代謝を促進する作用

このように、成分を見るとフケとか頭皮湿疹、アトピーなどに効果が期待できそうな成分配合になっていますね。

haruの髪・頭皮ケア成分

次に、haruの成分を見て行きましょう。

haruの成分はハーブガーデンに比べると、頭皮よりも髪を意識した成分の配合になっています。

成分名 効果
1.ジラウロイルグルタミン酸リシンNa 洗浄剤の刺激を和らげたり、髪のコーティング、肌のキメを整える作用
2.ビワ葉エキス 殺菌、抗炎症効果、また、髪の成長サイクルを整える育毛効果
3.アセチルテトラペプチド-3 毛包(毛穴の部分)を活性化させて優れた育毛効果を発揮
4.アカツメクサ花エキス 脱毛を防ぐ効果、特に男性型の脱毛に高い効果
5.サクラ葉エキス 美白作用や、肌の酸化を防ぐ効果。
6.センキュウ根茎エキス 炎症を抑える効果や、頭皮の血行を促進した育毛作用
7.リンゴ果実培養細胞エキス 肌の幹細胞の寿命をのばし、新しい細胞を作りアンチエイジング効果を発揮
8.ハイブリッドローズ花エキス 保湿、ハリ、弾力を保持する効果
9.カミツレ花エキス ヒスタミンを抑制して炎症を抑える効果
10.ブッソウゲ葉エキス 植物版のヒアルロン酸、高い保湿力を持つ
11.ラミナリアオクロロイカエキス 皮膚の新陳代謝を促進する作用
12.アセチルヘキサペプチド-1 シワの改善効果
13.ヘマチン 髪の毛を補強、脱毛を抑制、白髪の抑制など
14.オレンジ果皮油 美白作用、殺菌作用、肌の調子を整える効果
15.キュウリ果実エキス 優れた保湿効果、抗酸化作用
16.ポリクオタニウム-10 髪をコーティングして保護する効果、保湿効果
17.ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛) 髪のダメージを受けた部分に吸着し、髪の弾力を高める
18.ラウリン酸ポリグリセリル-10 ニキビの原因菌のアクネ菌を殺菌する効果

このように髪のダメージを補修したり、発毛を促進させたりする成分に重点を置いた配合になっています。

なので、ハーブガーデンはしっとり仕上がるのに対して、haruは洗い上がりがサラサラした感じに仕上がります。

香りの徹底比較

ハーブガーデン haru
ハーブ系の香り 柑橘系の香り
香りのイメージ
ハーブガーデンのイメージ

ハーブガーデンの香りはこんな感じ

ハーブガーデンの香りは、名前の通り完全にハーブの香りです。「髪に良さそうな香り〜」というイメージ。

爽やかな柑橘系にも近いし、ハーブティーのような香りにも近い。とにかくスッキリさっぱりした心地良い香りです

ちなみに、シャンプーの香りは全くきつくないので、あまり長時間髪に匂いが残るということはありません。出かけるときに、好きな香水を髪にひと吹きしても香りが混ざらなくていいかもですね。

シャンプーの香りがきついと、出かけるときにお気に入りの香水を付けづらいですもんね。

シャンプーと香水の香りが混じるのもなんか嫌ですし・・・

haruの香りはこんな感じ

haruの香りは柑橘系で、なんというかグレープフルーツに近い香りがします。

とても爽やかな感じの香りなので、夏とかはとても心地いい感じがします。

またharuも香りはあまり残りませんので、普段つける香水なども気にしなくてすみます。

コスパの徹底比較

さて、ここまでシャンプーの特徴を比較してきました。

タイプは違うにしても、どちらもサロン品質のクオリティの高いシャンプーだと思いました。

これだけこだわった成分を使ったシャンプーなので、当たり前ですけど、その辺で売っているシャンプーよりはお高いです。

下記の価格はシャンプーとコンディショナーのセット購入の価格です。haruはリンスインシャンプーなので単品のみの販売になっています。

ハーブガーデン haru
通常購入 ¥8,000円(税抜き) ¥3,600円(税抜き)
定期購入 ¥8,000
¥4,000円(税抜き)
¥2,880円(税抜き)
内容量 300ml
2ヶ月分
400ml
2ヶ月分
返金保証 ◯(15日間) ◎(30日間)
特典
  • 2回目以降も半額
  • 初回送料無料
継続しばり 特になし
いつでも解約できます
特になし
いつでも解約できます

コスパで言ったら断然haruの方が良いのがわかりますね。

しかも、haruは400mlのたっぷり容量でコンディショナーやリンスが必要無いのが素晴らしいです。

また、どちらのシャンプーにも効果を実感できなければ返金できる保証が付いていること、さらに定期コースの解約がいつでもできるのも安心です。

一点注意したいのは、haruシャンプーには3本セットコースがあります(一本あたりのコスパで言うと3本セットが1番安いです)。こちらの場合は3本のうち2本が未開封のとき限ります。

2本開けてしまうと返金保証の対象にならないので注意してくださいね。

口コミの比較

ハーブガーデンのクチコミ

はな:30歳
★★★★☆

とにかく凄くしっとり保湿感抜群の商品です。

ノンシリコンなのに本当に泡立ちが良く荒いあがりもしっとり。

次の日も保湿は続いていて、まとまりのある髪の毛にテンションあがります。

いずみ:40歳

2ヶ月使用しました 元々頭皮湿疹持ちで どうしようもなく頭皮の状態が悪化する事があり痒みやフケが出たりするのですが このシャンプーに変えてからは痒みや湿疹の悪化は少なくなったと思います。

泡立ちはあまり良いとは言えませんが香りもきつ過ぎないハーブ系で仕上がりもサラサラです。
一番の変化が抜け毛が劇的に減りました。←これ重要!

haru kurokamiのクチコミ

りえ:34歳
★★★☆☆

シャンプーだけでいいの?と思いますが、本当に大丈夫!

ささっとドライヤーで乾かしただけでも、まとまりよく仕上がります。

香りの良さもお墨付きです。柑橘系のいい香りに癒されつつ、もこもこふわっとした泡で洗髪するととってもすっきりします(*^_^*)

ヨーコ:34歳
★★★★☆

年齢肌ならぬ、「年齢髪」にぴったりなヘアケア製品。

頭皮にも優しい弱酸性ヤシ油由来、3種のアミノ酸系洗浄成分や、天然のオイル成分など、天然由来で髪にいいことづくめ。

なんとも不思議な使用感。

でも、髪の泡立ちが、ハンパじゃないくらい良かったです!! 泡がたっぷりだと、シャンプーも楽しい!

ハーブガーデンとharuどんな人におすすめなの?

さて、ここまでハーブガーデンとharu を比較してきましたが、どちらもサロン品質と言ってもいいほど質の高いシャンプーです。

ただ、それぞれのシャンプーで向いている人が違う印象があります。

なんとなく察しが付いているかもしれませんが、最後にここまでの比較の中でハーブガーデンとharuどっちがどんな人に向いているを確認して行きたいと思います。

すごく、ザックリと言ってしまうと、「頭皮ケア重視しっとり仕上がりのハーブガーデン」と「髪を育ててサラサラ仕上がりのharu 」という感じです。

ハーブガーデンがおすすめな人

ここまでの成分比較を見ていただけるとわかるかと思いますが、ハーブガーデンはとにかく頭皮の炎症を抑えたり、頭皮での菌の発生を抑えたり、また保湿性の高い成分にこだわって配合された成分です。

そのため、特に頭皮のフケやかゆみ、頭皮湿疹、脂漏性皮膚炎など、頭皮トラブルに悩む方におすすめするシャンプーだと思います。

髪がかなりしっとり仕上がるので、猫っ毛の人はぺったりしてしまって不満が残るかもしれません。

【ハーブガーデンがおすすめな人】

  • フケが出てしまう
  • 頭皮がカユくてしょうがない
  • 湿疹ができてしまっている

haruをおすすめな人

続いてharuシャンプーですが、こっちはハーブガーデンに比べると、頭皮の環境を整えることによって、脱毛を防いだり髪の生えやすい環境を作ったりと育毛に重点を置いたシャンプーです。

そのため、抜け毛が気になる方や、髪がぺったりしてしまってボリュームが出ないという方に向いているシャンプーなのかなという風に思います。

また、白髪が生えにくくする成分も含まれているので、綺麗な黒髪を保つエイジングケアシャンプーという特徴もあります。ただし、白髪を染めるシャンプーではないのでそこはご注意ください。

【haruシャンプーがおすすめな人】

  • 最近抜け毛がひどい、、、
  • 髪がぺったんこで貧相に見える
  • 白髪が気になる、、、

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハーブガーデンもharuもどちらともサロン品質くらいの質の高いシャンプーです。

どっちがいいシャンプーかというのは、中々差をつけられないのですが、どちらとも得意分野が違うシャンプーです。

ハーブガーデンはとにかくしっとり、そして頭皮の炎症を抑える成分、菌の繁殖を抑える成分、かゆみを抑える成分など、頭皮トラブルで悩む方に適したシャンプーです。

そのため、フケ症の人や頭皮湿疹、アトピーのツラさを和らげることを得意としたシャンプーと言えます。

haruシャンプーは頭皮トラブルよりも、健康な髪、サラッとした黒髪を維持する育毛成分が豊富に含まれているシャンプーです。

このように、2つとも特徴が異なります。あなたの悩みによって適したシャンプーを選ぶようにしてください。

【フケやかゆみに悩む方にオススメのアミノ酸シャンプーランキング】