フケが出る原因

この記事は 4 で読めます。

気がつくと肩や服に積もっているフケ、、、嫌ですよね、、、

ひと目も気になって消極的になっていくし、家でフローリングに積もると掃除するのもめんどいです。

ただ、ひとくちに「フケ」と言ってもいくつか種類があり、原因もそれぞれです。

このページでは、フケの種類と原因について説明して行きます。

「フケ」とは古くなった頭皮の角質が剥がれ落ちたもの

フケとは私たちの皮膚の一番表面の「角質」が剥がれ落ちたものです。

私たちの皮膚は「角質」といううすーい膜がレンガのように積み重なるように覆っています。

これによって肌は水分の蒸発を防いだり、細菌やウイルスなど外からの異物を弾いたりするバリアの役割を果たしているのです。

皮膚の構造

この角質は一定の周期(健康な人は約28日)で新しい細胞が作られて、古くなった細胞は自然に剥がれ落ちる仕組みになっています。

これを「新陳代謝」とか「肌のターンオーバー」とか言うわけですね。

このとき、剥がれ落ちる一番外側の古い細胞が「フケ」です。つまり、人は誰でもゆっくりとしたペースで少しずつフケが出ているんです。

本当に微量なので普段は気になりません。

ですが、この肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、大量にフケが出てしまいます。

フケのタイは主に「乾燥タイプ」と「オイリー肌タイプ」の2つ

フケの原因は様々ですが、多くの原因は下記の2つになります。

  • 乾燥タイプのフケ ~比較的女子に多い~
  • 脂性タイプのフケ ~比較的男子に多い~

乾燥タイプのフケ

乾燥性のフケ

フケの原因で一番多いのが頭皮の乾燥です。

乾燥によって発生したフケはパラパラとしていて細かい粉状のものが多いです。

頭皮が乾燥すると角層を肌に留めて置くことができなくなり、ポロポロと剥がれ落ちてしまいます。

また、この状態は肌のバリア機能が壊れている状態なので、これが続くと肌が炎症を起こすようになります。

肌は炎症を起こすとターンオーバーの周期が短くなるので、余計にフケの量が増えてしまうんです。

【関連記事】

【洗ってるのに、、】パラパラ細かいフケは頭皮の乾燥で起こる?|原因と対策を解説!

2018.12.31

乾燥タイプのフケの原因

  • シャンプーが合っていない
  • 季節的な問題(空気の乾燥)
  • ストレス
  • 産後のホルモンバランスの乱れ
  • 生活リズムの乱れ
  • 髪を洗いすぎている

【関連記事】

【カサカサ頭へ】頭皮の乾燥性のフケにおすすめのシャンプー3選

2018.05.25

オイリー肌タイプのフケ

脂性フケ

もう一つのフケのタイプがオイリー肌タイプのフケです。

皮脂の量が少ないと頭皮が乾燥してフケが出ますが、皮脂の量は多すぎても良くないです。

皮脂の量が多すぎると、皮膚の上で常在菌が繁殖して増えすぎてしまいます。

常在菌は皮脂を食べて皮膚の健康を維持している菌です。

ですが、皮脂を食べる時に「遊離脂肪酸」という刺激物を作り出します。

菌が皮脂を食べる様子

この遊離脂肪酸が刺激となって炎症を起こしてしまうんです。

炎症が起きると肌のターンオーバーの周期が短くなります。そのため、乾燥もしてないのにフケが大量発生する事になってしまいます。

オイリー肌タイプのフケの原因

  • シャンプーが合っていない
  • 食事が偏っている(脂っこい)
  • ストレス
  • シャンプーをせずに寝てしまう
  • 加齢によるホルモンバランスの乱れ

【関連記事】

大きくてしっとりしたフケは乾燥タイプとは違う?原因と対処法を解説!!

2019.01.03

【要チェック】フケが出るのはストレスのせい?|原因と対策とは?

2018.06.19

頭皮のかゆみは多すぎる皮脂が原因?|克服法を解説!

2018.03.27

頭皮のかゆみは菌が繁殖してるから?|原因と対処法を詳しく解説

2018.03.21

病気かもしれない4つのフケのタイプ

フケの原因のほとんどは上記の「乾燥肌タイプ」「オイリー肌タイプ」の2つです。

ただ、中にはそうでないタイプのフケもあります。

もしも下記の症状に心あたりがあるのなら、皮膚科を受診するか薬用シャンプーを使用してみる必要があります。

  • 脂漏性皮膚炎
  • しらくも-頭皮白癬菌-
  • シラミ
  • 乾癬

脂漏性皮膚炎

湿疹

脂漏性皮膚炎とは頭皮などで皮脂の分泌量が多すぎて起こる病気です。

オイリー肌タイプのフケのスゴイバージョンと考えてもらうといいかもしれません。

頭皮は顔のTゾーンと同じかそれ以上に皮脂の分泌量が多い箇所です。

そのため、皮脂の分泌量が多すぎると頭皮でマラセチア菌などの常在菌が繁殖しすぎて炎症を起こし、かゆみや湿疹、フケの原因になるのです。

しらくも-頭皮白癬菌-

しらくもとは「はくせんきん」というカビの一種に感染することで起こる皮膚病です。

これが頭皮ではなく足に感染した場合は「水虫」と言います。

この菌に感染すると、頭皮のかゆみやフケの他に抜け毛などの症状が現れる場合があります。

白癬菌はジメジメした環境が好みなので、汗をかきやすい頭皮などは大好物です。

シャンプー後などは生乾きにせず、しっかりとドライヤーをするようにしましょう。

シラミ

フケだと思っていたら「シラミ」だったということもあります。

シラミは髪の根元に卵を産み付けてそれが孵化し、どんどんと増殖していきます。

髪の根元に白いものがついて、かゆみが強く、取ろうとしてもなかなか取れないのが特徴です。

シラミは放置しても自然にはなくならず、しっかりと駆除する必要があります。

乾癬(かんせん)

乾癬とは皮膚が盛り上がって赤くなり、その上に乾燥した皮膚が付着しているような症状です。

かゆみの有無は人によってそれぞれですが、表面の乾燥した皮膚が剥がれ落ちてフケのように落ちてくることがあります。

乾癬の原因については解明されていません。