【フケに悩む人へ】正しいフケ対策・治し方を徹底解説!!

この記事は 6 で読めます。

頭が痒くて気がつくとついつい掻いてしまう、、、

髪に触るとパラパラと白いフケが落ちる、、、

寝る前にしっかりとシャンプーをしたはずなのに朝起きると枕にフケが積もっている、、、

頭もかゆいし、見た目的にも不潔で嫌ですよね。

家族や友達に会うときに汚いと思われないかとか不安になりますし、普通に話しているけど自分の居ないところで「汚いやつ」と言われてないか無駄に考えてしまうこともあります。

私はフケがすごかった時、見た目にも自信が持てず、どうせなら汚い自分は人の印象に残らないようにとなるべく目立たないようにしようと考えていました。

なんとかしたい!と思ってネットとかで調べても、色々書いてあって結局何をしたら良いのかわからないですよね。

フケはちゃんとケアをすれば自然と良くなるものです。ただ、逆に間違ったケアをしていると返って悪化させてしまって負のループに陥る、、、と言うことも多いです。

このページでは、フケの対策、治し方について詳しく解説して行きたいと思います。

(ボタン)

もしかして、間違ったフケ対策をしていませんか?

フケとひとくちに言っても、原因は様々で、種類によって対策が違います。

フケで悩む人の中には、残念ながらご自身の思い込みで間違った対処法をしていて、逆に悪化させているという方が多いです。

【間違ったフケ対策】

  • 1日に何度もシャンプーをする
  • オクト、ミノンなどの薬用シャンプーに頼りすぎている

1日に何度もシャンプーをする

間違ったフケ対策の中でも多いのが、

「毎日しっかりと髪を洗っているのに、、、」

「フケが不潔だから1日に何回もシャンプーをしている」

こういった感じで、不潔にしているからフケが出てしまうと考えているパターンですね。

もちろん、頭皮の洗い方が不十分でフケが発生する場合もあります。

ですが、この記事内で後ほど詳しく解説しますが、シャンプーのしすぎは頭皮の皮脂を落としすぎてしまい、頭皮を乾燥させてフケの原因になります。

(画像)

フケが出ているから清潔にしなきゃ、と考えて念入りに洗っていたつもりが、返って逆効果になってしまうのです。

薬用シャンプーに頼りすぎている

また、中には薬用シャンプーを使っていて、「薬用シャンプーに変えたのに効果が無い」と感じている方もいます。

「薬用シャンプー」とは、特定の症状への有効成分を配合していて、簡単に言ってしまえば「薬ほど強い効果は無いけど、普通のシャンプーよりは効果が期待できる」というものです。

薬品>薬用シャンプー>普通のシャンプー

フケ対策のシャンプーだと、「オクト」「コラージュフルフル」「ミノン」などが有名です。

これらのシャンプーは、頭皮に発生するカビや菌の繁殖を防ぐ成分を配合しているシャンプーです。

そのため、カビや菌が原因のフケであれば効果を感じられると思いますが、原因が他のものだった場合は思うように効果を感じない場合もあります。

もちろん、薬用シャンプーが良くないと言う意味ではありませんが、フケの原因と対策がズレている場合はあまり効果を感じれないでしょう。

このように、間違ったフケ対策をしている方は意外といます。

もしも、思い当たる点があったらご自身のフケのタイプや対処法を振り返ってみてください。

フケには大きく2つのタイプがある

フケには大きく「乾燥肌タイプ」と「オイリー肌」タイプの2つのタイプがあります。

フケのタイプがどっちなのかによって対処法も変わってきます。

【フケのタイプは主に2種類】

  • 乾燥肌タイプ
  • オイリー肌タイプ
矢印

乾燥肌タイプのフケ

乾燥肌タイプのフケは、名前の通り頭皮の保湿剤の役割をしている皮脂が不足して乾燥することで、フケが落ちてくるような状態です。

パラパラと細かいフケなのが特徴です。

(画像)

頭皮が乾燥すると、肌の表面の「角層」が肌にくっついていることができなくなり、パラパラと落ちてくるようになります。

(画像)

1日に何度もシャンプーをしたり、ドライヤーを近い距離で当てたり、また、冬場などになりやすいです。

【原因】

洗浄力の強いシャンプーを使っている

一日のシャンプーの回数が多い

産後のホルモンバランスの乱れ

オイリー肌タイプのフケ

頭皮は顔のTゾーンよりもさらに皮脂の分泌量が多い部位と言われています。

「オイリー肌」タイプのフケは頭皮で皮脂が過剰に分泌されることによって起こるフケです。

頭皮で皮脂が過剰分泌されると、その皮脂を餌にカビや雑菌が繁殖し、刺激物を作り出すようになります。

その刺激物によって頭皮が炎症を起こすことで肌のターンオーバーが早くなり、フケが発生するのです。

乾燥タイプとは違って、比較的大きく湿っていると言う特徴があります。

(画像)

脂っこい食事や甘いものを食べ過ぎていたり、ストレスが多かったりする場合になりやすいです。

上記で説明したような、「薬用シャンプー」はオイリータイプのフケには有効です。

タイプ別の最適なフケ対策

このように、フケと言っても種類があります。

そのため、タイプ別に対策する必要があります。

乾燥タイプのフケ対策

すでに説明しているように、髪を触るとパラパラと落ちる、頭皮が突っ張っている感じがするような、乾燥タイプのフケの原因の多くは日々のシャンプーにあります。

市販の多くのシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」といって、とても洗浄力の強いシャンプーです。

どのくらい洗浄力が強いのかと言うと、例えば、フライパンにこびりついた油汚れくらいは洗い落としてしまうほどです。

(写真)

冷静に考えてみると髪や頭皮を洗うために、それほどの洗浄力は必要ありませんよね。

(図)

こういったシャンプーで頭を洗うと、汚れだけではなく、頭皮の潤いを保っている皮脂まで洗い落としてしまいます。

もちろん、1回や2回くらい使ったところで、どうということはありません。洗い落とした皮脂はすぐに補われます。

しかし、シャンプーは習慣的に使うものです。

頭皮の皮脂を根こそぎ落とす、ということを日常的に行なっていると、だんだんと頭皮は水分を保てなくなって乾燥肌になります。

すると、頭皮の表面の角層がパラパラと剥がれ落ち、フケが出るようになってしまうのです。

もし、あなたが乾燥タイプのフケで悩んでいるのであれば、「アミノ酸シャンプー」を使ってみるといいです。

アミノ酸シャンプーは名前の通り、洗浄成分にアミノ酸を使用したシャンプーで、洗浄力が優しく刺激が少ないのが特徴です。

アミノ酸シャンプーてあれば、頭皮の皮脂を適度に残し、余計な汚れのみを洗い落としてくれます。

そのため、頭皮を乾燥させずにフケの発生を防いでくれるのです。

また、アミノ酸シャンプーには頭皮や髪の保湿効果があるので、洗い上がりも頭皮が突っ張ったり乾燥したりすることがありません。

おまけに髪もしっとりと仕上がります。

(写真)

オイリー肌タイプのフケ対策

次にオイリー肌対策についても説明して行きます。

先ほど、乾燥タイプのフケ対策に「アミノ酸シャンプーがいい」と説明しましたが、実はオイリー肌タイプのフケにもアミノ酸シャンプーが適しています。

「え?オイリー肌だったら、洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーじゃダメなんじゃないの?」

と考える方も多いと思います。

ですが、洗浄力の優しいアミノ酸シャンプーはぺったりしたオイリー肌にも効果を発揮するんです。

「頭皮がベタベタするから、洗浄力の強いシャンプーでしっかり洗わなきゃ」と考えますよね。

しかし、先ほども説明したように、市販シャンプーの多くは洗浄力が強すぎます。

こういったシャンプーを使って皮脂を落としすぎると頭皮は「やばい!このままだと乾燥する」と危機感を感じて、不足した皮脂を補おうと普段よりも多く皮脂を分泌するようになります。

皮脂量の比較

そのため、頭のベタつきを取ろう、さっぱりしようと思ってゴシゴシ洗っていたつもりが、そのせいで余計に頭皮の皮脂量を増やしているということになります。

頭皮がベタつくオイリー肌タイプのフケの人もアミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。

最初はちょっとサッパリ感というか、洗った感が足りないなと感じるかもしれません。

そういう時は、1回で2シャンしたり、洗い方を工夫したりして調節してみましょう。そうすることで、徐々に皮脂の分泌量が戻り、フケもだんだんと良くなって行きます。

このように、乾燥タイプのフケであっても、オイリー肌タイプのフケであってもアミノ酸シャンプーがアミノ酸シャンプーがフケ改善の手がかりになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネットなどを検索していて、フケの対策を調べていると色々な情報が出てきます。

フケは深刻な症状ではなく、ちゃんとケアをすれば自然となおってしまう症状ですが、原因と対策がちゃんと一致していないと逆に悪化させたり、いつまでも治らなかったりします。

食事やストレス、生活習慣など、原因は色々ありますが、フケの原因として一番多くて最も対処しやすいのがシャンプーです。

市販のシャンプーの多くは「高級アルコール系シャンプー」というシャンプーで、洗浄力や肌への刺激がとても強いシャンプーなんです。

これ系のシャンプーを使っていると、頭皮を乾燥させてしまったり、逆に皮脂の分泌量を増やしてフケの原因菌の繁殖させてしまうことになります。

一方で、洗浄力の優しい「アミノ酸シャンプー」であれば、そういったトラブルを起こしにくいです。

アミノ酸シャンプーは価格がちょっとお高めなので、ハードルが高いかもしれませんが、少なくともフケがおさまるまでは使って見てはいかがでしょうか?

きっと良くなりますよ!

【フケやかゆみに悩む方にオススメのアミノ酸シャンプーランキング】