【徹底検証】アミノ酸シャンプー「ハーブガーデン」は頭皮のベタつきに効果ある?

この記事は 4 で読めます。

「そもそも…」頭皮のベタつきはどうして起こる?

まず、そもそも論として頭皮のベタつきはなんで起きるのってことから説明していきましょう。

実は頭皮のベタつきの原因は、洗浄力の強いシャンプーを日常使いして頭皮の皮脂を落とし過ぎていることにあります。

「え?べたついたら皮脂を落とさないと気持ち悪いじゃん」と思う方も多いと思います。

ですが、サッパリするからといって過剰に頭皮を洗いすぎると、私たちの体は「やばい、このままだと乾燥する」と判断してこれまでよりも多く皮脂を分泌するようになります。

つまり、常日頃洗浄力の強いシャンプーを使って、頭皮の皮脂を根こそぎ落とすということを繰り返していると、それが積み重なって皮脂を過剰に分泌する体質になっていくのです。

【洗浄力の強いシャンプーとは?】

じゃあ洗浄力の強いシャンプーとは何かというと、実は普通に薬局やスーパーで売っているシャンプーのほとんどが洗浄力の強いシャンプーにあたります。

これらのシャンプーは「高級アルコールシャンプー」というシャンプーで、化学成分をベースにしたとても洗浄力の強いシャンプーです。

名前に反して原価が安く香りも良い分、パッケージや広告費にお金をかけられるので可愛いものが多いです。

ですが、その洗浄力はとても強くフライパンの油汚れすらキレイに落とせるほどです。

髪を洗うのにそこまでの洗浄力は必要ありません。むしろデメリットの方が多いです。

頭皮のベタつきにはアミノ酸シャンプーが良い

上記で説明したように市販で売っている洗浄力の強いシャンプーは、皮脂の過剰分泌を招くのでベタつきの原因になってしまいます。

そこで、頭皮がベタベタする方に適しているのが「アミノ酸シャンプー」です。

アミノ酸シャンプーは、名前の通り洗浄成分にアミノ酸を使用したシャンプーで、高級アルコールシャンプーに比べて洗浄力が穏やかなのが特徴です。

そのため、頭皮の健康に必要な皮脂は残して余計な汚れのみを落とすことができます。

例えば、冬場にニットについた糸くずなんかをテープで取ろうとしたことはありませんか?

この時に粘着力の強いガムテープなんかを使うと、ニットの繊維とかもくっついてしまってボロボロになってしまいますよね。

ですが、粘着力の弱い養生テープとかを使えばニットの繊維を傷めずに余計なゴミだけを取ることができますよね。

これとおんなじようなイメージです。

また、アミノ酸は私たちの肌を作っているタンパク質と同じ成分です。そのため、肌への刺激が少ないのもアミノ酸シャンプーの特徴ですね。

私がハーブガーデンを勧める理由

さて、数あるアミノ酸シャンプーの中でも私が良いなと思うのが「ハーブガーデン」です。

理由は主に「天然成分100%」であることと「皮脂の過剰分泌を抑える成分が入っている」ことの2点です。

【ハーブガーデンを気に入っている理由】

  • 天然成分100%
  • 皮脂の過剰分泌を抑える成分が入っている
まず、天然成分100%でできたオーガニックシャンプーなので、なんと言っても頭皮への刺激が少ないので敏感肌の人でも安心して使うことができます。

私自身昔からアトピー持ちで石鹸やシャンプーなど肌に触れるものを選ぶ方だったのですが、ハーブガーデンは珍しく問題なく使えました。

また、皮脂の分泌を抑える成分を含んでいるのも良い点だと思います。

そのため、皮脂が過剰に分泌されて頭皮がベタベタしているような人には特におすすめします。

成分名 効果
オドリコソウ花エキス 皮脂の過剰分泌を抑える、保湿効果
オランダカラシエキス 皮脂の過剰分泌を抑える、血行を促進する、保湿効果

ハーブガーデンを実際に使った方の口コミ

(口コミを書く)

ハーブガーデンを使っても頭皮のベタつきが抑えられない理由

さて、口コミを見ていると

「ハーブガーデンを使っても髪のベタつきは治らなかった」

「返って頭皮がベタつくようになった」

というような口コミもありました。これについて少し説明していきましょう。

まず、「ハーブガーデン」のレビューがどれだけ良かったとしても人によって合う合わないはあるので100%誰でもということはありません。

また、冒頭に「頭皮のベタつきの原因の多くは日々のシャンプーにある」ということを書きましたが、あくまでメインとなる原因なだけで、シャンプーが全てではありません。

日々の生活も関わってくるのです。

例えば、脂っこい食事ばかりをしていれば当然皮脂の分泌量は多くなります。

ポテチやラーメンばっかり食べている人ってなんか顔も脂っこいですよね笑 あんな感じです。

また、日々のストレスも皮脂の分泌量を増やす原因となります。

ストレスを感じると私たちの体はそのストレスに対応しようとして「抗ストレスホルモン」というホルモンを分泌するのですが、この抗ストレスホルモンには皮脂腺(皮脂を分泌する部分)を刺激する働きがあります。

皮脂腺が刺激されると皮脂が分泌されることになるので、頭皮はベタつくことになります。

このように、頭皮のベタつきの原因はシャンプーだけではありません。そのため、いくらハーブガーデンを使っているからと言って、原因が異なればそれだけでベタつきが改善するということはありません。

まとめー結局頭皮のベタつきを抑えるのにハーブガーデンは良いの?ー

では、結局のところ「ハーブガーデン」は頭皮のベタつきに良いのか悪いのか?ということですが

私個人的には断然良いと思います。

髪のベタつきの原因は色々ありますが、どれが原因だったとしても市販のシャンプーはそれを悪化させる原因になります。

そのため、アミノ酸シャンプーを使った方が良いのは間違いありません。

私は特に肌が弱い体質なので、アミノ酸シャンプーの中でも特にオーガニックシャンプーでもある「ハーブガーデン」を気に入っています。

良い加減ベタつく頭皮とおさらばしたければ、一旦使ってみるのもありかもしれません。

【フケやかゆみに悩む方にオススメのアミノ酸シャンプーランキング】