アトピー肌でも安心して使えるアミノ酸シャンプーランキング

この記事は 6 で読めます。

アトピー肌で悩む方は肌が弱く、ちょっとした刺激でも湿疹が悪化してしまいます。

そのため、日々使うシャンプーは肌に優しい物を選ばなくてはいけません。

ただ、世の中には星の数ほどのシャンプーが流通しており、どれがアトピー肌に適しているのか中々判断しにくいです。

私自身も長年アトピーに苦しんだため気持ちはよくわかります。

そこで、このページでは私が実際に試して、安心して使えるなと思ったシャンプーをあなたにも紹介していきたいと思います。

アトピー肌に合うシャンプーの選び方

アトピーの肌でも安心して使えるシャンプーの条件として下記のようなものがあります。

  • 洗浄力が強くない
  • 石油系界面活性剤や保存料などの化学物質を使用していない
  • 刺激が少ない

洗浄力の強くない物を選ぶ

アトピー肌でも使えるシャンプーの条件としてまず洗浄力が強すぎないという物があります。

アトピーの人は肌のバリア機能が弱く、ただでさえ肌が乾燥しがちです。そのため、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと保湿に必要な皮脂膜を洗い流してしまい、乾燥肌を助長してしまうのです。

シャンプーはその洗浄成分によって「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」のシャンプーに分類されます。

主な違いは下記の通りです。

高級アルコール系
界面活性剤
石鹸系
界面活性剤
アミノ酸系
界面活性剤
洗浄力 強すぎる 強い 程良い
 頭皮への刺激 強い 強い 少ない
 泡立ち  泡立ちやすい マイルドな泡立ち マイルドな泡立ち
保湿力  なし  洗い上がりがきしむ  洗い上がりがしっとり

私は以前は、アトピーに悪いとは知らず高級アルコール系のシャンプーを使用していました。

香りもよく、パッケージもおしゃれだった上値段も安かったから愛用していたのです。CMでも髪に良さそうなイメージでしたし、、、

ただ、アトピー肌の私にはダメダメでした、、、

頭皮はガサガサでフケは出るし、湿疹の出来てた部分も悪化してジュクジュクした浸出液が出るようになってしまいました、、、

ちなみに、私は石鹸系のシャンプーを試したこともありますがこれもダメでしたね、、返って肌が突っ張るし、髪の毛もやたらとギシギシするようになってしまいました。

後から知ったことですが、これは石鹸系のシャンプーも洗浄力が強い上にアルカリ性という性質があるからです。このアルカリ性という性質には髪の毛のキューティクルが開いて軋むようにしてしまうのです。

アトピーでも安心して使えるのはアミノ酸シャンプー

色々調べましたが、アトピー肌でも安心して使えるシャンプーは「アミノ酸シャンプー」です。

アミノ酸シャンプーとは洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーで優しく控えめな洗浄力と刺激の低さが特徴のシャンプーです。

先ほど説明したように高級アルコール系のシャンプーや石鹸系シャンプーを使用すると、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い落としてしまい頭皮はガサガサになり、頭皮に炎症があった時はとても悪化してしまいました。

ですが、アミノ酸シャンプーを試してみたところ、これまでのシャンプーのようにガサガサしたり肌が突っ張った感じがせずに痒くなりにくかったです。

これは、アミノ酸シャンプーの洗浄力が穏やかだったため頭皮に必要な皮脂を残してくれたからだったみたいです。

アミノ酸シャンプーは私たちの肌のタンパク質を作っているアミノ酸でできたシャンプーです。そのため肌との親和性が高く刺激になりにくいという性質があります。

このことからもアミノ酸シャンプーはアトピー肌で悩む方にはおすすめのシャンプーと言えるでしょう。

もちろん、アミノ酸シャンプーに変えただけでアトピーは治りません。ですが、アトピーの悪化を防ぐことはできます。

私自身もアミノ酸シャンプーに変えてからは、かゆみも減りだいぶ過ごしやすくなりました。フケが目立たなくなったのも嬉しいです。

アミノ酸シャンプーを選ぶ時の注意点

ただし、アミノ酸シャンプーであれば何でもいいという訳ではありません。

ひとくちにアミノ酸シャンプーと言っても色々あるんですね。間違ったアミノ酸シャンプーを選ぶと返ってアトピー悪化の原因になってしまいます。

アミノ酸シャンプーを選ぶ際の注意点は下記の通りです。

【必須条件】

  • アミノ酸100%シャンプーであること

【できればあった方がいい特徴】

  • ノンシリコンシャンプーであること
  • オーガニックシャンプー
  • 無添加であること

【必須条件】アミノ酸100%のシャンプーであること

まず、アミノ酸シャンプーを選ぶ際の必須条件として「アミノ酸100%」シャンプーを選ぶということがあります。

アミノ酸シャンプーには「アミノ酸(100%)シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」の2種類があります。

前者のアミノ酸(100%)シャンプーは、洗浄成分に肌に優しいアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーですので、アトピー肌でも安心して使用することが出来ます。

ですが、アミノ酸「配合」シャンプーは、アトピーに良くない高級アルコール系シャンプーに、髪の保湿成分として少しだけアミノ酸を配合したシャンプーです。

そのため、アミノ酸「配合」シャンプーを使用してしまうと、肌に良いものを使っていたつもりが気がついたら肌がガサガサになってしまった、、、ということになってしまいます。

そのため、アミノ酸シャンプーを選ぶ時はアミノ酸100%のものを選ぶようにしましょう。

では、「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」を見分けたら良いでしょうか?

アミノ酸シャンプーを選ぶときに成分表示を見るようにしましょう。その時に下記のような成分が「水」の次に表記してあればアミノ酸100%シャンプー、もしくはそれに準ずるシャンプーであると判断できます。シャンプーの成分表記は配合量が多いものから表記するという決まりがあるからです。

成分名:メチルアラニン、メチルタウリン、ココイル、ベタイン、グルタミン酸、グリシン、サルコシンなど

ノンシリコンシャンプーであること

市販のシャンプーの多くには「シリコン」という成分が配合されています。

これは髪の毛の表面をコーティングし、ハリやコシを与えたり、ツヤを与えたりする働きがあります。

ただ、このシリコンは肌に刺激があったり、洗い残しがあるとそこで菌が繁殖してしまって湿疹の原因になったりしてしまいます。

そのため、アトピー肌の方は、このシリコンが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

オーガニックシャンプーであること

これは必須条件ではないですが、ベターな条件です。

オーガニックとは農薬や化学肥料などの化学物質を使用せずに育った植物由来の成分を使用して作られたシャンプーです。

化学物質を使用していないので頭皮への刺激が少ないという特徴があります。

無添加であること

これも、必須ではないですができれば意識して選ぶと良いです。

シャンプーには、香りを良くするための香料や、保存料、防腐材、合成着色料などが含まれています。

これらの化学物質も敏感なアトピー肌の人には刺激になり症状を悪化させる原因になります。

無添加シャンプーの方がアトピー肌の人には安心です。

このようにアミノ酸シャンプーであれば何でも良い訳ではありません。上記の注意点を意識して自分にあうシャンプーを探すようにしましょう。

アトピーにおすすめのアミノ酸シャンプーランキング

1位:ハーブガーデン

ハーブガーデンは天然由来成分を100%使用した自然派シャンプーです。

石油系の界面活性剤、高級アルコール系界面活性剤など、頭皮への刺激になるものを使用していないシャンプーなので、フケやかゆみなどの頭皮トラブルに悩む方にはおすすめのシャンプーです。

また、ノンシリコンシャンプーですが髪がパサつきにくく、しっとりとした洗い上がりが特徴です。

価格 備考
セットコース
(シャンプー&コンディショナー)
 8,000
4,000
2ヶ月分
単品コース 4,000
2,000
2ヶ月分
 コンディショナーのみ  4,000
2,000
2ヶ月分
【おすすめポイント!】

  • 15日間安心返金保証制度
  • 天然由来成分100%使用
  • 楽天ヘアケア・スタイリングナチュラルコスメ・オーガニック部門1位

2位:Raburo(ラブロ)


3位:すこやか地肌シャンプー

4位:KADASON(カダソン)

【フケやかゆみに悩む方にオススメのアミノ酸シャンプーランキング】